本ページにはプロモーションが含まれています。

スーパーのカツオのたたきの臭み取りの方法は?生臭くなる原因も解説!

Pocket

スーパーのカツオのたたき 臭み取り

今回は、スーパーのカツオのたたきの臭み取りのやり方について解説していきます!

スーパーで買ったカツオのたたきが思いのほか生臭い場合は、ちょっとした下処理をすることで生臭さを解決できることがあります。

例えば、日本酒や薄めたお酢に漬ける方法などがあります。これらの調味料には食材の臭いを消す効果があるので、使わない手はありません。

また、カツオの生臭さを中和する「酸性の食品」と一緒に食べるという方法もおすすめです。

本文では、これらのやり方についてより具体的なにお伝えしていきますのぜひ参考にしてみてください^^

また、スーパのカツオのたたきが生臭くなる理由についてもまとめているので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪

スポンサードリンク

スーパーのカツオのたたきの臭み取りのやり方を解説!

先程お伝えした通り、スーパーで買ったカツオのたたきの臭み取りでおすすめな方法には以下のようなものがあります。

  • 日本酒につけて臭いを取る
  • 薄めた酢につけて中和する
  • マヨネーズやレモンと一緒に食べる
  • ひとつずつ詳しく見ていきましょう(´・∀・)ノ゚

    日本酒につける臭み取りの方法

    食材の臭み取りとしてはまず、「日本酒」を使った方法がおすすめです。日本酒に含まれるアルコールが揮発する時に、カツオの生臭さを消してくれます!

    まず大事なのが、日本酒の選び方。料理の味を左右する重要な要素です。

    お酒を臭い取りに使う場合は市販の安い料理酒ではなく、できれば品質の良い日本酒を使うことをおすすめします。

    その理由は、安い料理酒には塩分や食品添加物が含まれており、それが逆に味を損ねる原因になる場合があるからです。

    本素材の持っている良さを活かすなら、純粋な日本酒を使うのが正解です^^

    ただし、子供がいる家庭では臭み消しにお酒を使うのはおすすめできませんので、後ほどお酢を使った方法もご紹介しています。

    子供も一緒に食べるという場合はそちらの方法をお試しくださいね!

    それでは、実践的な臭み取りのやり方を説明していきます。

    手順1:カツオのたたきの水分を拭き取る

    カツオのたたきから出る水分(ドリップ)は、生臭さの原因になり得ます。なので、まずはカツオをキッチンペーパーでやさしくたたいて表面の水気を取り除きましょう。

    手順2:日本酒に10分程漬けこむ

    カツオのたたきをバットに移し、適量の日本酒をそっと注ぎます。日本酒の量はカツオが軽くひたる程度で大丈夫です。漬ける時間は10分程度でOKです!

    ここで新鮮な「生姜」を少量加えることで、カツオの爽やかさを引き立てつつ、不要な臭みをさらに抑えることができます。

    手元に生姜がない時は、チューブの生姜でも問題ありません。

    手順3:キッチンペーパーで水気を取る

    日本酒に漬けた後は、再びキッチンペーパーでカツオの表面の水気を取ります。この間にアルコールの力で生臭さが飛び、カツオ本来の美味しさが際立ってきます♪

    あとは、少し分厚めにカットして盛り付け、好みのタレと薬味で美味しく食べましょう♪

    薄めたお酢につける臭み取りの方法

    続いては、「希釈したお酢」にカツオを漬けて臭みを取る方法をご紹介します。

    繰り返しになりますが、日本酒が苦手な方や子供と一緒に食べる場合は、こちらの方法を試してみてくださいね!

    カツオの生臭さは性質的に分類すると「アルカリ性」になるんですが、これから使うお酢にはその逆である「酸性」の性質があります。

    そして、これら逆の性質の成分が混ざり合うと「中和」という反応が起きて、互いの特徴が目立たなくなってしまうんです。

    つまり、アルカリ性の臭いが酸性にかき消されるようなイメージですね!

    さらに、ご存知の通りお酢には食材を柔らかくしてくれる効果もあるので、カツオの食感がとろっとしたものに変化していきます。これも嬉しいポイントですね。

    とは言え、お酢を原液のまま使ってしまうと酸味や酢の臭いがカツオに移ってしまうので、水80mlに対してお酢を大さじ3くらいを目安に薄めてから使うようにしてくださいね。

    あまり酢の味が強いと今度はそれが原因で食べにくくなってしまいますので、子供がいる場合は特に注意が必要です。

    漬けておく時間は大体10分くらいが目安になります。それ以上漬けてしまうと色や風味が変わってしまうおそれがあるので、漬け過ぎないようにしてくださいね!

    漬けた後は日本酒の時と同じようにキッチンペーパーで水気を取るようにしましょう。

    しっかりした味が好みの方におすすめなのが、この上から「たたきのタレをかけて染み込ませるテクニック」です。

    タレをかけた上からキッチンペーパーで覆って、そのまま冷蔵庫に入れて20分くらい置いておくだけでOK。

    こうすることでカツオの水分が適度に抜けてタレの味がよく染み込み、味わい深い美味しさに変化します♪

    後は好みの薬味と一緒に思いっきりカツオのたたきを頬張りましょう!

    マヨネーズやレモンと一緒に食べる

    これは別の記事でも紹介した食べ方なんですが、カツオと一緒に「マヨネーズやレモンを一緒に食べる」と不思議と生臭さが目立たなくなるんです。

    メカニズムとしてはお酢の場合と一緒で、マヨネーズの場合はお酢の酸性、レモンの場合はクエン酸の酸性が効果を発揮するのだと思います。

    特におすすめなのがマヨネーズなんですが、これは驚くほどカツオのたたきが美味しくなりますよ!わたしも毎回マヨネーズをつけて食べます♪

    カツオの味自体があまり得意じゃない人でも美味しく食べられる食べ方なので、まだやったことがない人はぜひ一度試してみてください!

    美味しさに驚きますよ^^

    スポンサードリンク

    カツオのたたきが生臭さくなる理由について解説!

    ここからは、カツオのたたきが生臭くなってしまう原因ついてまとめておきますね!

    カツオのたたきが生臭く感じることにはいくつかの理由が考えられますが、代表的な原因をについて解説してみます(´・∀・)ノ゚

    鮮度が落ちている

    カツオのたたきに限らず生ものは鮮度が命。時間が経つにつれて酸化し、臭みの元となる物質が発生してしまうからです。

    特にカツオは脂が多く酸化しやすい魚なので、鮮度が落ちていない新鮮な状態で食べることが一番大切です。

    適切な処理がされていない

    通常カツオを捕獲した後は傷まないように適切な処理を行いますが、その処理が不十分だった場合、それが原因で臭いが出やすい状態になってしまうことがあります。

    これは消費者側ではどうしようもないことなので、そういうカツオに当たってしまった倍はハズレを引いたと思うしかありません。

    保存状態が良くない

    カツオのたたきは、適切な温度で保存しないとすぐに質が落ちてしまいます。暑い場所や常温での長時間の保存は避け、冷蔵庫で適切に保管することが大切です。

    魚自体の体調や水揚げの条件

    あまり多くはないかもしれませんが、場合によってはカツオ自体の体調や、水揚げされた環境(水温やストレスなど)が臭みに影響することもあるようです。

    健康なカツオは臭みが少なく、美味しいたたきになると言われています。

    このように、カツオのたたきを選ぶ時には鮮度を見極めたり、保存状態に気をつけたり、購入する際に信頼できるお店を選ぶことがポイントとなります。

    生臭さを感じた場合には、先ほどお伝えしたように日本酒やお酢で臭みを取る対処法がありますが、最も良いのはそもそも生臭くない新鮮なカツオを選ぶことです。

    これからも美味しいカツオのたたきを楽しむために、ぜひ参考にしてくださいね!

    この記事についてのまとめ

    スーパーで買ってきたカツオのたたきが生臭さく感じた場合は、日本酒で臭いを飛ばしたり、酢につけて臭いを中和することで臭いを軽減することができます。

    もしくは、マヨネーズやレモンと合わせて食べることで臭いを感じにくくするという方法もおすすめです!

    カツオのたたきが生臭くなる原因として一番大きのは、鮮度が落ちて品質が下がることです。

    その他にも考えられる原因はありますが、スーパーで購入する場合に出来るだけ鮮度の良いものを選ぶことが生臭いカツオを避けるポイントとなります^^

    もし運悪く生臭さいカツオのたたきに当たってしまった場合は、お伝えした臭み取りをぜひ試してみてくださいね!

    スポンサードリンク
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました