バレンタインとチョコの由来は?感動の物語がありました!!

この記事は4分で読めます

Pocket

2月の一大イベントといえば「バレンタイン」
恋する乙女にとってはまさに決戦の一日ございます。

さて、この「バレンタインデー」なんですが、
一体どこから日本にやってきたんでしょうか?

チョコレート会社の陰謀だ!っていうのは
よく聞く話なんですが、どうも気になる…。

そこで、バレンタインデーの由来や意味に
ついてきなこなりにリサーチしてみました。

すると、想像以上に深~い由来が出てきましたヽ(゚Д゚*)ノ

ということで今回は、

「バレンタインとチョコの由来」

についてお伝えします!

より深くバレンタインを味わいたいあなた、必見ですε-(´∀`*)

スポンサードリンク



「バレンタイン」という言葉の意味は何ですか?



はい、実は「人の名前」が変化したもの(´・∀・)ノ゚

元々は、3世紀頃のローマでキリスト教の司祭を
していた「バレンティヌス」という聖人の名前です。
(日本では、「バレンタイン」という読みになっています)


この方が生きた時代は戦争の時代。

ですが、当時の若者は戦争に
あまり参加しなかったそうです。。


その状況を良しとしないローマ皇帝クラウディウス二世は、
その原因が「愛」にあるとして結婚を禁止してしまいました。

愛する人がいれば戦意を失うという考えからのようです。

001

そんな中、バレンティヌス司祭は内緒で
若者同士を結婚させるという荒技を決行∑(゚Д゚)

当時の若者の愛を守り抜こうとしたわけですね。


しかし、キリスト教は当時禁止されていたので、
バレンティヌス司祭も改宗を迫られたのですが、これを拒否!

ついには、投獄されてしまいます。


続きは次の項で…。


バレンタインが愛の日になった由来を教えて!



投獄されたバレンティヌス司祭は、
獄中でも愛を説いていたそうです。

002

そして、ひとりの目の不自由な女性と知り合います。
もちろん司祭は、その女性の為に祈りを捧げました。

すると、バレンティヌス司祭の祈りが奇跡を起こし、
その女性の目は見えるようになったそうです!!


その女性は、感激してキリスト教に改宗しました。


ですが、やはりそれを良く思わない皇帝は、
バレンティヌス司祭を処刑してしまうのですΣ(っ゚Д゚;)っ


最後の日、バレンティヌス司祭はこの女性に、

「あなたのバレンティヌスより」

と書いた手紙を書いて渡したそうです。


最後の瞬間まで司祭は愛に生きたんですね。


そして、この日こそ2月14日だったのです゜*。(*ノД`*)。*°


そうです、これが現在のバレンタインの起源。
バレンタインの由来にはこんな物語があったんですね。


…で終わりのようですが、もうちょっと続きますヽ(´□`。)ノ


バレンタインの由来のつづき。200年の時を経て。



それから200年後のお話。


当時のローマでは「ルペルカリア祭」
というお祭りが行われていました(`・ω・´)ノ

これは、未婚の女性の名前を書いた紙を男性がくじ引きし、
ひいた相手同士が付き合うというものすごい内容でした。

ただ、当時はキリスト教の時代。


これはちょっと良くないのではないか?ということで、
キリスト教の聖人を祀る内容に変更することになりました。

その聖人というのが「バレンティヌス司祭」だったのです。


ちなみに、このお祭りの開催日が2月14日


ここまでくると何だかものすごい、
深さの物語に感じますよね~ヽ(゚Д゚*)ノ

「義理チョコどうする~?」とか
言ってて良いのか日本人!って思いますね。


あ、話がそれた。


で、それ以降2月14日は恋人の日となり、
薔薇やメッセージカードを贈るようになりましたとさ。


はい、お疲れさまでした。
大体こんな感じの流れになります。


細かくはもっと色々説があるようですが、
それらをざっくりとまとめてみました。

大筋は合っていると思いますので、
友達にうんちくとして話てみましょう(σ^▽^)σ



スポンサードリンク




バレンタインにはチョコ!となったのはどうして?



この流れだとバレンタインには、
薔薇やメッセージカードを贈るのでは?

どこからチョコが出てきたんだ??


…と思ってしましますよね(´Д`。)


はい、ここからが巷で良く聞く
「チョコレート会社の陰謀説」です!


一番古い説は、

・モロゾフ製菓説(1936年)、

少し経ってからの、

・メリーチョコレート説(1958年)
・森永製菓説(1960年)
・伊勢丹説(1965年)
・ソニープラザ説(1968年)

などがあります(´・∀・)ノ゚


何でこんなにあるのかと言いますと、

「うちの来々軒が元祖だ!」
「い~や、うちの来々軒が本家だ!」

みたいな感じで、

全員自分がバレンタインを広めたんだと主張したため

だと言われています。


正直、どこでも良いんですけどね、
前半のお話が台無しになっちゃいます(-∀-`; )

「愛」はどこに言ったのやら…。


でも、これら大人の思惑は実は上手くいかなかったんです。
当時、広告とかを出してもイマイチ浸透しなかったとか。


そんな中、突然、小学生から高校生間で、
バレンタインにチョコを渡すのが流行に。


何と今のバレンタインの定着は、
子供の「愛」が発端なのです(*・∀-)☆

003


きなの的にはこれが一番嬉しい
バレンタイン定着説ですね((*´∀`))


元々は「男性⇒女性」という構図のバレンタインですが、
この当たりで「女性⇒男性」への構図に変化していったようです。


うん、子供はやっぱりピュアだ。


あ、ちなみに、

・義理チョコ
・友チョコ
・ホワイトデー

なんかは全て日本だけです(´・∀・)ノ゚


外国のバレンタインデーには、
チョコという観念すらありません。

今も、薔薇や手紙を贈る元々の
バレンタインが受け継がれていますε-(´∀`*)



以上、

「バレンタインデーの由来と意味」

についてお届けしました!


世界的な由来は、「バレンティヌスの愛」
日本での浸透は、「子供達の愛」

そして、ずっと受け継がれているのは、

「愛を大切にしましょう」

というい意思(意味)なんでしょうねぇ(〃ノ∀`〃)


何だかこっ恥ずかしいまとめになりましたが、
書いているうちにこんなになっちゃいました。

だって、前半の物語が感動ものだったから゜*。(*ノД`*)。*°


はい、今年のバレンタインは、
あなたの愛を貫きましょう(σ^▽^)σ

それでは、今回はこのあたりで。
ご訪問、ありがとうございました♪

スポンサードリンク

関連記事

  1. バレンタイン 子供 喜ぶ
  2. バレンタイン 男子 本音
  3. バレンタイン チョコ以外 上司