銀杏は中毒になる!?子供に食べさせる前に要チェック!

この記事は3分で読めます

Pocket

秋になると綺麗に色づくイチョウの木。

そこから取れる食材と言えば…
しぶいお味の「銀杏」ですね(●´艸`)

昔に比べて食べる人が減っている銀杏。

ですが、今でも茶碗蒸しなどに
入っているのをよく見かけます。

子供よりも大人に好かれるこの秋の味覚、
実は「銀杏中毒」になってしまう
危険性を持っている食材なのです(´Д`。)

安心して美味しく食べるためにも
詳しいことを知っておきたいですよね。

という訳で今回は、

「銀杏中毒の症状と子供に食べさせる時の注意点」

をご紹介いたします(〃ゝ∇・)ゞ

スポンサードリンク



銀杏中毒って何?まずは原因と症状を確認!



「銀杏中毒」ってあまり
聞きなれない中毒名ですよね。

そこでまず、銀杏中毒の症状や原因を
確認していくことにしましょう(`・ω・´)ノ


以下に症状および原因をまとめますので、
お目通し頂ければと思います(*´∀`*)ゞ


01


① 症状

銀杏を食べた直後~12時間後
わりとすぐに症状が出始めます。

ただし、食べてすぐは何ともなく
て半日後に急に具合が悪く…

という場合もあるので注意してください。

また銀杏中毒は大人よりも
子供の方がなりやすいと言われています。


最も多く見られる症状は
  • 吐き気や嘔吐
  • 痙攣
  • めまい
  • の三つです(`・ω・´)ノ


    この中で注意が必要なのは痙攣。

    「激しく震えること」という印象があるかと思いますが、
    実際には硬直して動かなくなる場合もあります。

    そうなると喋ることも出来ないと言われています。

    子供の場合は特にこのケースが多いので、
    急に静かになったら中毒を疑ってください!


    なお、この他にも稀に、
  • 意識混濁
  • 呼吸困難
  • 発熱
  • 不整脈
  • といった症状が見られる場合も。


    最悪の場合も想定されます。

    銀杏を食べて半日以内に何かしらの
    不調を感じたらすぐに病院へ(`・ω・´)ゞ



    ② 原因

    上記のような症状を引き起こすのは、
    銀杏に含まれる「メチルピリドキシン」
    という成分だと言われています。

    これはビタミンB6の働きを邪魔する迷惑なもの(´-ω-`)


    この成分を摂取すればするほど、
    人間の体内はビタミンB6欠乏症
    似た状態になってしまいます(´ー`A;)

    その結果、銀杏中毒の症状が
    表れることになるようです。

    また、銀杏中毒はその時々の
    体調に発症リスクが左右されるので、
    食べる時ごとに注意が必要!

    「前は大丈夫だったから今回も大丈夫」
    ということはありません。


    あまり有名ではない銀杏中毒ですが、
    実はとっても恐ろしいものだと
    いうことがお解り頂けたと思います。

    最後に、実際に銀杏中毒にかかった
    子どもの症例を以下に挙げておきますね。
    【症例1】

    銀杏を食べていた子供が急に静かになった。
    先程まで外で遊んでいたから
    疲れたのだろうと特に気に留めなかった。

    十分程経っても全く動いておらず、
    全く喋っていなかったので心配になって
    声をかけたが反応はない。意識はある。

    急いで病院に連れて行ったら銀杏中毒と
    診断され、一週間前後の入院を余儀なくされた。
    【症例2】

    銀杏を食べていた子供が急にフラフラし、
    心配している最中、突然倒れた。

    意識不明で病院に運び込まれたが、
    意識は戻らず最悪の事態に…。

    なぜ子供の方が危険なの?食べさせる時の注意点もチェック!



    銀杏中毒の症状と原因および実際の症例を見て、
    危険性は充分に理解して頂けたと思います。

    更に言えば、銀杏中毒の患者のうち八割は子供で、
    そのほとんどが七歳以下の小さな子供達というデータも。


    02


    怖いですよね(´□`。)

    でも、もちろん防ぎようはあります!
    ご安心ください(o´・∀・)b


    そもそも何故、子供の方が
    銀杏中毒になりやすいのでしょうか?

    その理由は以下の二点にあります(●´∀`)ノ
    ① 肝臓機能が弱く、解毒が困難である
    ② 体が小さいため、毒素が回りやすい
    要約すると「身体が未発達なため」
    銀杏の毒成分に対抗できないのです。

    逆に言えば、身体が成熟するにつれ
    銀杏中毒になるリスクは下がる、
    ということになりますね((*´∀`))


    とは言え小学生以上の子供なら、
    「一個食べただけで中毒になる」
    ということはまずありません(´・∀・)ノ゚

    過剰に食べてしまうことで
    中毒症状を引き起こしてしまうのです。


    つまり、銀杏中毒を防ぐためには
    食べる個数を気にかければOK!

    身体の未成熟な子供に銀杏を食べさせる時には、
    安全に配慮し一日に三個までとしておきましょう。

    更に言えば、七歳以下の子供には
    食べさせないのが理想的です(●´▽`)

    また、五歳以下の子供には絶対に
    食べさせないようにしましょう!


    健康な大人の場合は十個以下ならまず安全だと思います。


    なお子供の場合も大人の場合も、体調が優れない時や
    疲労が溜まっている時には銀杏を食べるのは控えてください。

    体の弱っている時が一番危険です(`・ω・´)


    食べ過ぎないことが安全への一歩!季節の味覚はほどほどに♪



    以上、

    「銀杏中毒の症状と子供に食べさせる時の注意点」

    をご紹介させて頂きました。

    お役に立てましたでしょうか?


    どんな食べ物も「食べ過ぎ」
    良くない結果を引き起こします((+_+))

    銀杏はより一層そういった側面が強い食材。

    食べる個数には注意して、安全に美味しく
    秋の味覚を堪能してくださいね


    それでは、今回はこのあたりで。
    ご訪問、ありがとうございましたm(__)m

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. ケンタッキー 温め方 オーブンレンジ
    2. ズッキーニ 食べ方 生