七五三のお金の包み方!誰でも分かるように説明しました♪

この記事は3分で読めます

Pocket

そろそろ間近に迫ってきた
子どもの祝いの日、「七五三」

当日に向けての準備の方は順調でしょうか。

衣装等は既にお決まりのご家庭も
多いことと思います(o´・∀・)o

さて、そろそろ意識し始めないと
いけないのが神社に納める初穂料のこと。

お金の包み方にも明確な
ルールがあることをご存知ですか?

という訳で今回は、

「七五三のお金(初穂料)の包み方」

をご紹介します(〃ゝ∇・)ゞ

スポンサードリンク



七五三のお金は何に包むの?連名やボールペン書きはOK?



まず大前提として七五三の
お金は何に包むのでしょうか。

おそらくぱっと想像がつくと思いますが、
のし袋と呼ばれる祝儀袋が正解です(´▽`*)


袋だけでなく水引(紅白の紐状のもの)
「これを使う」と明確に決まっています!

上の画像のような花結びの水引が七五三
にふさわしいものとされていますよ(´・∀・)ノ゚


そして、のし袋を用意できたら
表書きもしなくてはなりません。

表書きを書く際には
以下の三点に注意しましょう!
① 使用するペン

表書きに使うペンですが、「ボールペン」
マナー違反とされています(´ー`A;)

絶対に使ってはいけない!

…と、いう訳ではありませんが
普通は「筆ペン」を使います。

筆ペンは何かと使う機会のあるものなので、
もし一本もお持ちでないのなら、
この機会に購入しておきましょう(*´∀`*)ゞ
② 表書きの内容

表書きは

  • 上部に「初穂料」(御初穂料)
  • 下部に「(子ども本人の)姓名」

  • を書き記します。

    バランス良く書けるように本番前に
    いらない紙で何度か練習をしておきましょう!

    ちなみに「初穂料」と「御初穂料」は
    どちらを採用しても問題ありません。


    「御」という字はバランスが取りづらいですし、
    上手く書けない場合は無理せず
    「初穂料」としておきましょう(*^-^*)
    ③ 連名について

    七五三を迎えるお子さんが二人以上いる場合、
    連名にしようとお考えの方もおられるかも知れません。

    ですが、一般的に初穂料は一人につき
    一袋用意するものと言われています( `Д´)ノ

    出来るだけ一袋ずつ用意してあげましょう。


    ただ、絶対に連名にしてはいけないという訳ではなく、
    実際に連名にしておられる方もいらっしゃいます。

    連名にしたい場合は下部に名前を横並びに書きます。

    苗字が一緒の場合は左側に名前を書く子は
    姓名の「名」だけで構いません。


    解りやすく言えば、年賀状を
    連名で出す時と同じ、ですね(・∀・`)


    七五三の初穂料の包み方は?お金の向きにも気を配って!



    表書きまでバッチリ済んだら
    次はお金をのし袋に収めます。

    この初穂料の包み方にも
    ルールがあります(`・ω・´)ゞ


    ① のし袋の表側にお札の表がくるように

    のし袋の表側とは表書きをした側のこと。
    お札の表側は人物が描かれている方です。

    この二つの表面がどちらも表側に
    くるようにお札を入れる必要があります。


    ② お札は人物がのし袋の口の方にくるように

    こちらは意外と失敗しがちなポイント!

    お札の表裏の次は、お札の上下にも気を配りましょう。


    のし袋の口の部分(上部)に
    人物がくるようにお札を入れます。

    以上二点が初穂料の包み方の基本です。


    なお、初穂料は新札を用意しておくのが
    一般的なマナーと言われています。

    当日になって慌てないよう
    あらかじめ用意をしておきましょう!



    スポンサードリンク




    初穂料の相場って?渡すタイミングも知っておこう!



    お金の包み方や新札が必要なのは
    解ったけれど、肝心の金額はいくらなんだろ?

    そういった疑問をお持ちの方も
    いらっしゃることでしょう。

    最後に初穂料の相場と渡すタイミング
    について簡単に解説いたします(σ^▽^)σ


    ① 初穂料の相場

    初穂料の相場はどの地域でも
    5000円~10000円とされています。

    神社によっては、あらかじめ
    「○○円」と定められている場合も。

    なので、まずは訪ねる神社さんに
    事前に確認を取るようにしましょう((*´∀`))


    もし金額を決めていないと言われたり、
    5000円以上から、と言われた場合は
    5000円用意しておけば問題ありません。

    多くの神社で「5000円以上から」
    という形式をとっているようです。


    もちろん、気持ちの問題で金額を
    上乗せしても大丈夫ですよ(●´艸`)

    ただし、5000円以下にはしないようにしましょう。


    ② 初穂料を渡すタイミング

    初穂料は受付の時に渡すのが基本です。
    つまり「社務所」でお渡しすることになりますね(´・∀・)ノ゚


    だいたいの神社では受付時に
    祈祷の申し込み用紙の記入が求められます。

    その申し込み用紙を提出する際に
    初穂料も一緒に渡せばOKです(*´ω`*)


    細部まで配慮を忘れずに!気持ちの良い七五三にしましょう♪



    以上、

    「七五三のお金(初穂料)の包み方」

    をご紹介いたしました。

    参考になりましたでしょうか?


    七五三という大きなイベントの中で
    初穂料の準備は小さな出来事かも知れません。

    ですが細部まで気を配り、マナーを守って
    気持ちの良い七五三を過ごしましょう(´・∀・)ノ゚


    それでは、今回はこのあたりで。
    ご訪問、ありがとうございました♪

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. 七五三 スーツ ママ ブランド