大根おろしの栄養効果!生で食べるとメリットがいっぱい♪

この記事は3分で読めます

Pocket

「大根おろし」が身体に良いって言うのは、
昔から親にもよく言われてきましたが…。

大根をそのまま食べるのとではどう違うんでしょうか?

気になりだしたらとりあえず調べる性格なので、
今回も大根おろしの秘密に迫ってみましたぁ(´・∀・)ノ゚

ということで今回は、

「大根おろしの栄養と健康効果」

についてお届けいたします~♪

おろすことによって発現する「スペシャルなメリット」
大根おろしならではの実力をご紹介いたします(●´∀`)ノ

スポンサードリンク



とりあえず、大根おろしの栄養と効果をざっくりと。



はい、大根になくて大根おろしにある栄養素。
名前を、「アリルイソチオシアネート」といいます。

何じゃそれ??ってなりますよね。
実は、これ、大根おろしの「辛味成分」なんです。

ちなみに、わさびやからしと同じ成分。


で、この成分がどう身体に影響を与えるかと言いますと…
  • ガン細胞の発生を防ぐ(発ガン物質を分解)
  • 血液をさらさらにして血栓防止
  • 抗酸化作用で活性酸素を抑制
  • 成人病予防やメタボを改善
  • などが挙げられます。

    いやいや、どれもありがたいですよね、ほんと。
    毎日少しづつでも良いので続けたいところです(〃ノ∀`〃)


    この他にも生の大根には、消化を助けてくれる
    「消化酵素」もたくさん含まれています!

    この酵素は、
  • 胸やけ
  • 胃酸過多
  • 二日酔い
  • などに効果があると言われています!


    消化酵素は大根おろし特有というわけではないですが、
    大根おろしにすることでより無駄なく摂取することが出来ます。

    何故なら、酵素は「汁」の部分にも多く含まれるからです!
    なので、大根おろしを作ったら汁もしっかりいただきましょう(*´ε` *)


    さて、ここからはちょっと突っ込んだ内容ですが、
    「アリルイソチオシアネート」が出来る経緯について。

    これがちょっと面白かったのでのせておきますね(*・∀-)☆


    アリルイソチオシアネートって、実は合体技なんです。


    もともと大根には「イソチオシアネート」という物質があります。
    よく似た名前ですがまだ「アリル」がついておりません。

    これは大根の皮付近に集まっていて、やはり辛味成分です。

    この物質に、別の場所にある「ミロシナーゼ」という酵素が
    混ざり合うと、科学反応を起こしてパワーアップするんですヽ(゚Д゚*)ノ


    はい、それこそが「アリルイソチオシアネート」


    大根を” おろす ”という工程を経ることで、
    この2つの成分が出会いまくるわけですねぇ。

    大根おろしが体に良いといわれる理由は、
    この科学反応の合成技に一端があるのですヾ(´∀`○)ノ


    わたしは、この理屈にとっても納得しました。


    まさに大根おろし特有のメリットって感じですよね♪
    昔の人はこれを感覚的に理解していたのかと思うと感動します。


    大根おろしを作る時の注意点!これなら栄養も逃げません。



    このように、健康面でとってもメリットの多い大根おろし。
    簡単に作れそうですけど、いくつか注意点があるんです。

    これらを無視するとせっかくの栄養も半減してしまいます!
    といっても簡単ものばかりなのでご安心くださいね((*´∀`))
    【フードプロセッサーは使わない】

    大根おろしは、あなたの「手」で作りましょう!

    何故なら、フードプロセッサーなどでガンガン砕くと、
    酵素や栄養素も一緒に破壊してしまうからなんです(´Д`。)

    こんなことをすれば元も子もありませんよね…。
    【おろした後は出来るだけ早く食べる】

    厳密に言うと作り方ではないんですが、
    これは非常に大切なのでここに入れておきましょう!

    タイムリミットは約15分くらいと覚えてください。

    それ以降はどんどん栄養素が減っていきます。。
    作ったらすぐ食べるのが基本でございます(ノ `・∀・)ノ゙
    【大根は皮のままおろす、汁は捨てない】

    大根の皮には、毛細血管を強くする「ビタミンP」や、
    中心部の倍くらいの「ビタミンC」が含まれています。

    なので、皮を?いてしまうということは、
    これらの栄養素を捨ててしまうということです!

    これは非常にもったいないですのでご注意を。
    大根おろしの汁については先ほど書いた通りです(*´ε` *)
    余談ですが、野菜の皮だけでなく、
    果物の皮にも栄養素はたっぷりです。

    農薬をしっかり落として、そのままいただきたいものです!

    わたしは、キレイな水に「重曹」をいれて、
    その中に野菜や果物をしばらくつけておきます。

    りんごなどはそのあとゴシゴシこすって、
    皮ごと美味しくいただいています(●´Д`●)


    とまぁ、大きくはこんな感じですね!

    要は、「栄養素を壊さないための工夫」です。

    気をつければ難しいものはありませんので、
    大根おろしを作る時にぜひ思い出してくださいね♪



    スポンサードリンク




    大根おろしの辛さを調節する方法!部位で変わるんです♪



    栄養価的には辛い大根おろしの方が、
    たくさん栄養を含んでいるんのですが…。

    あまい大根おろしも食べたいですよねぇ(●´艸`)


    はい、わかります。わたしもそう思います。


    そこで、最後にとっても便利な豆知識をひとつ。


    一般的に大根は上の方が甘いと言われています。

    これは間違いないんですが、実は、
    さらに甘いおろしを作る方法があるんです。

    感の鋭いあなたなら、お気づきかも知れませんが…、
    大根の中の方だけを使って大根おろしを作るんです。


    何故なら、辛味成分は「皮の部分」に多く存在しているから。
    下の方が辛いのも、下の方が皮が厚いからなんです!

    なので、甘い上の部位のさらに中心部だけをおろすことによって、
    その大根の中でも、” 最も大根甘いおろし ”になるわけです


    今日は甘い大根が恋しい…って日にはぜひお試しを(σ^▽^)σ



    以上、

    「大根おろしの栄養成分の秘密」

    についてお届けしました!


    お値段も手頃で栄養たっぷりの大根。
    今日の食卓にぜひとも添えてみてくださいね♪

    酵素パワーで健康を保ちましょう~☆


    それでは、今回はこのあたりで。
    ご訪問、ありがとうございました(*´∀`*)ゞ

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. いちじく 栄養 女性
    2. 里芋 ぬめり 栄養
    3. そうめん カロリー ダイエット