子供の熱中症の症状は?サインを見つけたらすぐ対策を!

この記事は3分で読めます

Pocket

今年は4月になっても東京では
気温の低い日が長く続きましたねぇ。

で、最近ようやく暖かくなってきたと思ったら、
今度はいきなり初夏のような陽気です。

この変化にはちょっとびっくりしました(´Д`。)

そして、気温が上がってくると
毎年ニュースになるのが「熱中症」

子供のいる家庭ではこれからの季節は心配ですよね。

子供は大人と違って遊びやスポーツに夢中になり、
気づくのが遅れてしまうことも少なくないようです。

大切な子供が熱中症にならないためには、
どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

今回は、そのあたりを中心にまとめてみました^^

スポンサードリンク



熱中症ってどんな病気?子供の症状は?



そもそも、熱中症とはどんな病気なんでしょうか?


熱中症とは、

『 運動や暑熱から起こる体の障害の総称 』

です(`・ω・´)ノ


気温が高い状態が長く続くと大量に
発汗して水分や塩分が失われます。


そうすると、血液中の水分が減り
「体内の血流量」が低下してしまいます。

こうなると体温の維持が出来なくなり、
次第に体温が上がってしまうというわけです!


さらに、湿度が高いと汗が蒸発しないまま
皮膚の表面にたまるので、体温も下がらないままです。

これら結果、熱が体内にこもってしまい、
熱中症へと進んでいってしまうという流れです。


そして、熱中症になるとこんな症状が出始めます(´Д`。)


特に子供の熱中症に多い主な症状は・・・

・顔色は悪く、唇は青黒くなる。

・顔などの皮膚は熱く赤みを帯びてくる。(熱射病)

・場合によっては40度まで発熱をすることもある。

・暑さで夏バテの様な状態になり、脱力感、倦怠感、
 めまい、頭痛、吐き気などの症状がでる。(熱疲労)

のようなものが挙げられます。


熱中症の詳しい動画があったので
ぜひ参考にしてみてください!





ここまで悪化する前に手を打ちたいものです。
そのためのチェックポイントを次にまとめました!


見逃さないで!子供の熱中症のサインはこれです!



子供は自分でうまく病気の判断ができません…。

深刻な状況になる前に周りにいる
大人がちゃんと気づいてあげたいですね!


子供の熱中症の初期症状を見分けるサインは4つ!

1、口や鼻の中が乾いていないか?

2、舌が白くおおわれていないか?

3、目が落ちくぼんでいないか?

4、皮膚に弾力性がなくカサカサしていないか?

たくさん汗をかいて体内の水分が不足してくると、
皮膚の温度が低下して末端(手など)が冷たくなる症状がでます。

汗をいっぱいかいている時には、
子供の手を触って確認しましょう!


子供が熱中症にならないために!対策はこれだ!



02


・何といても「こまめな水分補給!」

まずは脱水症状にならないように水分補給は大切です。


・屋内、車内では適切にクーラーを使用。

屋内にいても熱がこもり熱中症になることがあります。

特に子供は体温調節機能が大人より未熟なので
早めにクーラーを使うなどの対策をしましょう!


・こまめに日陰で休憩する

長時間、直射日光の元で過ごすのは危険です。
こまめに日陰に入って休憩しましょう(`・ω・´)ノ


・帽子をかぶり、風通しの良い衣服を着る

出来るだけ直射日光を避けて、
熱が体にこもらないようにしましょう。



わたしの知り合いの子供はサッカー少年なので、
夏場の暑い時期も長時間走り回っています。


そんな彼のお母さんはいつも、

「凍らせたイオン飲料の500mlペットボトル」

持たせて熱中症対策をしています。


熱くなった体を冷やしたり、飲んだり。
凍ったドリンクが1本あると便利ですよ!

ぜひお試しくださいね~(´・∀・)ノ゚



スポンサードリンク




もし、熱中症だと思ったら!対処法はこちら!




少し気分が悪そうだったら涼しいところに移動し、
頭を低くして横にしてあげてください。

そして、塩分(これ大事)や糖分の入った、
イオン飲料などをこまめに少しずつ飲ませてあげましょう。


万が一、40℃を超える体温、意識障害やけいれん、
汗が出なくなるなどの症状があれば生命の危険もあります。



迷わず119番通報し、救急車を呼びましょう!


03




以上、

「子供の熱中症の症状と対策」

についてお届けしました!


これからの季節はレジャーやスポーツで
屋外で過ごすことが多くなります!

熱中症の正しい知識と対処法を身につけて
楽しく元気に過ごしたいですね(●´▽`)


それでは、今回はこのあたりで。
ご訪問、ありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 夏風邪 症状 対処法
  2. 夏型過敏性肺炎 カビ